所属アーティスト

松尾 貴臣 - まつお たかおみ

 

1979年4月17日長崎市生まれ、千葉市在住 。音楽活動家。千葉大学大学院在学中にCDデビュー。

 2007年から「資本主義から感動主義へ」をスローガンに、自身のキャラバンカーにて全国47都道府県1周ツアーを開始。年間300本以上のライブを行い、地道にファンと販路を開拓しながら「全国唱覇(しょうは)」を達成。各地のメディアに報道される。

 2008年には「不況が続く音楽業界において、これからのミュージシャンの新たな道を拓きたい」という想いからマネージメント会社「株式会社こころざし音楽工房」を設立。自らが代表を務め、後進の育成に力を注いでいる。

 また、本業の傍ら音楽を通じた社会貢献活動にも力を入れており、全国の病院・福祉施設での「ホスピタルライブ」や、教育現場や講演会場での「ゲストティーチャーライブ」など、「歌う坂本龍馬プロジェクト」を展開。公演回数は全国で2000回を超え、その活動が認められ2009年から「高知県観光特使」に就任している。

 近年ではNHK、BSジャパンなどのテレビ番組での特集に加えアンパンマン作者「故・やなせたかし氏」からのCDジャケット画の提供や、「クラウン徳間ミュージック」から初のメジャー作品を発表するなど、社会派のシンガーソングライターとして注目を集めている。


石井 裕介 - いしい ゆうすけ

 

バンドマンの父、ピアノ教師の母の間に生まれ教育の一環としてピアノを習う。13歳の時にギターと出会い、15歳からギタリストとしてバンド活動開始と同時に作曲も初め、バンド内ほぼ全ての楽曲を作曲する。

 高校卒業後は音楽の専門学校「東京ミュージックメディアアーツ尚美(現SHOBIミュージックカレッジ)」へ入学。在学中より短編ドラマのBGM制作、サポートギタリストとして他アーティストのライブやレコーディングへの参加、オールディーズバンドへ加入し首都圏のオールディーズハウスやパーティー、ビアガーデンでの営業ライブを経験。専門学校卒業後はギター講師として千葉市の教育機関にてギターレッスンを開始、楽譜や音楽教材の執筆も担当。

 2010年、自身が参加していたバンド「Tell a Secret」が島村楽器主催バンドコンテスト HOTLINE2010にて全国応募総数2700組の中から優勝、その様子が音楽誌「Player」に掲載される。

  2014年1月20日にこころざし音楽工房へ所属。自身のルーツであるロックギターと、数々の制作現場で身に付いたハウス/エレクトロのエッセンスを掛け合わせた独自の音楽性を武器としている。