株式会社こころざし音楽工房 OFFICIAL SITE


NEWS

2020.5.8【松尾貴臣】

 

松尾貴臣NEWCD全国発売開始!

 

12th CD「タビノハジメ」(2020年5月8日発売)

01 アカツキ2020

02 ささやかな喜びの中で

03 君の左手

04 西千葉、通り雨

05 P.S.

06 マイウェイバック

07 きみに読む物語

08 へんぺいそく

09 好いとっとさね

10 絆

発売元・ 株式会社ワイズ音楽出版

定価 ¥3,000(税込)

YSMP-006

購入はこちら




2020.3.26【松尾貴臣】

 

「松尾貴臣2020年稲佐山凱旋ライブ」延期のお知らせとお詫び

 

2020年3月24日に東京オリンピック・パラリンピックの開催が延期になったこと、そして日本医師会・歯科医師会・薬剤師会・看護師会からの連名で医療提供施設及び介護・障害者施設・事業所の職員向けに全国から不特定多数の人々が集まるイベントへの参加自粛徹底の要請が出たことを受け、「松尾貴臣2020年稲佐山凱旋ライブ」の開催を【2020年4月18日(土)から2021年4月17日(土)に延期】とさせていただくことを決断致しました。(会場が1年前からしか予約できないため正式な開催日決定は2020年4月17日(金)以降となります。)

3月18日に公式HPやSNSを通じ「国や長崎県・長崎市から中止要請を受けない限り、予定通り開催致します」という宣言を発信しましたが、わずか1週間で決断を翻す形になってしまったことを大変心苦しく思います。「この10年間で出逢った全国の人たちに、僕の故郷・長崎市へぜひ来て欲しい」という想いから稲佐山公園野外ステージをライブ会場に選びましたが、結果としてその「全国各地から人を集める」というコンセプトが現在の世界の状況にそぐわないものになってしまいました。

稲佐山から無観客によるライブのインターネット配信という手段も考えましたが、このライブで最も重要なことは「稲佐山でライブを開催したという事実を作ること」ではなく「10年間で交わした再会の約束を果たすこと」です。もちろんこのような状況下でもその約束を果たしに稲佐山へ来ようとしてくださっている方々には大変感謝致しますが、せっかくであればみんなが安心して集える(と期待を込めた)1年後に約束の日を再設定し、誰もが新型コロナウィルスへの感染の不安を感じることなく、そして誰もが堂々とSNSにライブの様子をアップできるような環境下でイベントを開催したいと考えました。

他の仕事をキャンセルしてスケジュールを確保してくださった方々や、既に宿や航空券を購入しキャンセル代が発生してしまっている方々、本当に申し訳ございません。心よりお詫び申し上げます。

また、チケットの払い戻しをご希望の方や、既にTシャツ等のグッズを予約してくださった方でキャンセルをご希望の方には誠心誠意対応させていただきますので遠慮なくご連絡ください。(現在お持ちのチケットは来年もご使用いただけます。)

これから先行き不安な日々が待ち受けておりますが、みんなで乗り越えて、1年後必ずや最幸の笑顔で皆様と長崎市で再会できることを願っております。

この先も音楽活動に対し真摯に取り組んで参りますので、何卒ご"志"援いただければ幸いです。

 

2020.3.26 松尾貴臣




2018.12.7【松尾貴臣】

 

松尾貴臣NEWCD全国発売開始!

 

11th CD「ユメノツヅキ」(2018年12月7日発売)

01 ソルフェージュ

02 ファーストクリスマス

03 好いとっとさね

04 知り合いかも

05 はっぴーえんど

発売元・ 株式会社ワイズ音楽出版

定価 ¥2,000+税

YSMP-006

購入はこちら


魚戸おさむ氏
魚戸おさむ氏

<Recommend>

その眼差しはいつもぶれずにあったかい。

恋人にも、友にも、そして家族にも向けるその眼差しがあったかい。

そんな松尾貴臣さんの歌声もあったかい。

見ているその目の高さがいつもぶれずに同じ高さなのがいい。

僕は漫画家だけど、同じもの作りという立場から興味が湧く。

どんなに着飾ったつもりでも、作者の姿は透けて見えるもの。

だけど経てきた道までは見えない。

今回、松尾貴臣という歌手が今日までどんな生き様だったのか ますます知りたくなる歌が並んだ。

素敵だな。

その中で「はっぴーえんど」が個人的にとても興味深い。 だって・・・だってねえ?

 

漫画家 魚戸おさむ(ビッグコミック連載「はっぴーえんど」作者)



2017.9.20【松尾貴臣】


ホスピタルライブ2000公演達成!

 

2007年に高知県高知市にて開始した「歌う坂本龍馬プロジェクト」の「ホスピタルライブ」が長崎市の長崎北病院ライブにてついに2000公演に到達しました。

サポートギターに石井裕介、そしてゲストミュージシャンに川田金太郎さんとごつうゆかさんを迎えての熱い1時間のステージとなりました。

 

歌う坂本龍馬プロジェクト「ホスピタルライブ」詳細ページ



2017.8.16【松尾貴臣】

 

6月3日『bayfm主催 松尾貴臣 First LIVE in CHIBA「千の葉の詩-黎明編」』のライブ映像が完成しました。

 

2017.6.3bayfm主催ワンマンライブ(YouTube)

 

■セットリスト

1.喜びの歌

2.トワイライト

3.マイウェイバック

4.君の左手

5.きみに読む物語

6.絆

7.むすひ

8.はっぴーえんど

9.ちばりよー

10.リアリズム

11.へんぺいそく

12.ビューティフルライフ

En.1好いとっとさね

En.2ゆりのき

 

サポートメンバー

石井裕介(Gt)、イシヅカシンペイ(Ba)、高橋在也(Key)、相川雄太(Dr)、石川寛子(Vio)



2017.7.22【松尾貴臣】

 

「つじつま」MV完成!

 

「世界の真実を 歴史の真実を 表も裏も何もかも ねぇ、誰か教えてよ」

松尾貴臣が自分自身の社会に対する関心の薄さや無知さ加減を憂い、5年ほど前に作詞作曲をした楽曲「つじつま」。時が経ち、2017年の現在。シンガーソングライターとして「今こそこのメッセージを世間に伝えたい」という想いに駆られ、イラストレーターの山里將樹(やまざとまさき)氏の力を借りてMVを作成しました。

 

昨今では「へんぺいそく」「ビューティフルライフ」「むすひ」などミディアムバラード調の家族愛・命をテーマにした楽曲が多い中で、非常に異質な、しかしある意味実に松尾貴臣らしい楽曲です。



2017.6.6【石井裕介】

 

八千代市制施行50周年記念式典(1月22日開催)で披露された楽曲「君の住む街」を八千代市に無償譲渡致しました。

 

昨年5月に譲渡した「ハイ・タッチ ~ やっちのテーマ ~」に引き続き、2曲目の楽曲提供です。

音楽を通じて地元に恩返しをしたいという石井裕介の想いが込められています。

 

また、八千代市役所のホームページから音源と楽譜を無料でダウンロードすることができます。

「君の住む街」ダウンロードページ

 

「ハイ・タッチ ~ やっちのテーマ ~」ダウンロードページ


2016.11.10【石井裕介】

 

松平健さんのNEW Single「むらさき山哀歌」のレコーディングにギタリストとして参加しました。

 

こちらの楽曲は映画「浅草•筑波の喜久次郎」の挿入歌にもなっております。 是非、CDで映画館でお楽しみ下さい。

 

松平健さん公式サイト

 

楽曲の詳細はこちら


2016.10.29【松尾貴臣】

 

福島県伊達郡桑折町のテーマソングとして作詞作曲した「ハッピーホタピーソング」の音源を、醸芳幼稚園にて桑折町の高橋町長に寄贈致しました。

 

幼稚園児が歌って踊ってくれるようにと、普段の松尾貴臣の楽曲とは全く違う雰囲気の曲を作詞作曲をしました。編曲は弊社の石井裕介が担当。軽快なアレンジでまさにみんながハッピーな気持ちになれるようなホタピーソングに仕上がっています。

 

楽曲のダウンロードはこちら

 

福島民報 2016年10月29日(土):「桑折町観光大使「ホタピー」テーマソングCD」

 

福島民友 2016年10月27日(木):「ノリノリ園児ダンス 桑折「ホタピー」の曲 CD贈呈式」